ローン審査においては利用実績が大事、完済実績はなお大事

カードローンの審査においては、過去の返済実績も一つの信用の目安になります。一度も借入をしたことが無い状態では信用情報機関に履歴が保存されないので、審査時に照会をかけても返済能力がどの程度あるのか判断できません。従って、一度も借入や返済をしたことがない人よりも、経験のある人のほうが有利なのです。

 

もちろん、過去に借入をしていた場合は、返済期日までに滞りなく返済できていたかどうかが大きな見極めポイントになります。年収や職業は確かに返済能力を客観的に証明するための条件ではありますが、返済期日を守れる人物かどうかという点については信用情報が最も参考になるからです。特に信用として重要になるのは、借入を完済したという実績です。月々の返済期日を守ることももちろん重要ですが、その上で最後まで完済できたという実績が残れば、これは大きな信頼の証となります。

 

完済経験の有る・無しで見る目は変わる

信用情報機関には、完済の実績以外にも今現在の借入状況や滞納といった情報もリアルタイムで記録されています。審査の際には貸付を行う側の会社は、この信用情報を必ず参照します。そして、もしこの情報の中に滞納などの事故記録がある場合は、新たな借入は諦めなくてはなりません。

 

しかし、そんな事故情報が一切なく、完済経験まであるのならば、審査では高評価を得ることができます。完済まで滞りなく返済できる人物かどうかという点を貸し付ける側は最も知りたいわけですから、大きくプラスに影響するのです。

 

完済経験があれば貸付業者からオファーが来ることも

きちんと最後まで責任を持って完済できる人物ほど、貸付業者にとって望ましい人物はいません。是非顧客になってほしいと思うのも当然の心理といえるでしょう。

 

ですから、返済期日を遵守して完済すれば、貸付業者のほうから借入枠を作るよう誘ってきたり、限度枠ギリギリの金額を完済していれば、限度額を上げるための案内が届いたりします。たとえそんな声がかからずとも条件がよくなることは目に見えているのですから、けして無意味なことではありません。より酔い借入枠の話が来たら状況とよく照らし合わせて検討してみるといいですよ。

 

完済経験はチャンスを増やす

貸付業者からお金の借入をするというのは、そもそも「借りたお金に金利を付けて返すこと」なのですから、ともすれば息苦しく、損をしているような感覚にも陥りかねません。ですが、完済することで借入枠の拡大にも繋がり、借入枠が広がれば心強い思いをする機会も増えるでしょう。

 

ピンチの時でもお金の用意に困らないということは、人生の上で様々な選択肢を増やしてくれるということなのです。今現在カードローンを利用している方はその点を理解し、健全な利用を心がけましょう。

ローン審査で活用される「信用機関」とは?

ローン審査には、様々な個人情報が参考にされます。年収、職業、クレジットカードやキャッシングの利用・返済状況、場合によっては家族の収入や借り入れ状況まで、審査に必要な情報として参照されるのです。

 

ローン審査を申し込む場合には、年収や職業などは、自分で申告しますね。ですが、細かいカード利用額や返済状況などは、大まかにしか申し込み用紙には記載しないでしょう。こういった情報が、一体何処で調べられているのかというのを、不思議に思う方も居られます。その情報を握るのが、「信用機関」と呼ばれる場所なのです。

 

信用機関で調べている情報とは?

信用機関では、個人の収入や支出に関する情報が、リアルタイムで記録されています。もっとも、収入や支出といっても、信用機関で調べているのは、別にあなたの給料額やコンビニで買った品物というわけではありません。クレジットカード、あるいはローンなど、金融に絡む個人情報を調査しているというわけです。この情報は、金融機関だけが利用するものではありません。

 

自分自身の情報を知りたい、自分がどのように評価されているのか調べてみたいと思う方は、信用機関に自分の情報を閲覧させてもらえます。開示願いをすることによって閲覧できますので、興味がある方、自分がローン審査に通りそうかどうか、事前に知っておきたいと思う方は、問い合わせをしてみるのも良いかもしれません。

 

ローン審査が厳しくなる条件とは?

信用機関の情報に、ローンの完済情報や、カード利用と返済が定期的、安定的に行われているということが残っていれば、ローン審査に通りやすくなります。これが「信用を得られる」ということになりますね。逆に、返済が遅れることが頻繁にあったり、キャッシングでカードローンを穴埋めしているような形跡が残ったりしていると、どれほど完済情報があっても、やはり信用という意味では悪印象ということになります。

 

返済が遅れること、あるいは自己破産などがあったことは、金融業界では「事故記録」と呼ばれます。俗に言う「ブラックリスト入り」しているという状態ですね。一旦こうなってしまうと、ローン審査を通るのは難しくなります。

 

ローン審査で信用機関を味方につけるには?

ブラックリストというと、一般には、アンダーグラウンドな印象があるかもしれません。信用機関というのも、どこかヤクザのような印象を持っている方も居るようです。ですが、信用機関というのはしっかりした会社組織ですし、そもそも返済を滞らせず、普通にクレジットカードなどを使っている分には、全く問題は生じません。

 

逆に、普通に借り入れをし、普通に返済をしていない方にとっては、確かに怖い場所になるのかもしれません。もしローン審査に何度も落ちるということがあったのであれば、信用機関に自分の情報開示を請求し、自分の金融情報がどうなっているのか、どう改めればいいのか、考えてみるべきかもしれません。

カードローンの審査で重視されるのはどんなこと?無担保ローンの審査基準に迫る!

カードローンの申し込みというのはさほど難しいものではありません。どんな方にもご利用頂きやすい書類での借り入れ申し込みや、スピーディーな手続きがが可能になったインターネットからの申し込みなど、ご自分にとって最も使い勝手の良い方法を選んで申し込むことができます。

 

しかし申し込み自体はいくら簡単な方法が選べるといっても、実際にカードローンの申請が通るのも簡単、というわけではありません。お金を借りるという行為だからこそ、それに相応しい条件を兼ね備えているかどうかが見られますし、比較的簡単に貸し出しを行ってくれるとされる消費者金融といえども、けして軽く見なしてはいけません。適度な緊張感は必要です。

 

しかもカードローンというのは銀行融資と違って無担保による貸し出しですので、当然それとは違う基準での審査がなされます。どちらが借り入れしやすいかという基準についてはここでは触れませんが、カードローンの審査について具体的にどんなことが重視されるのか見ていきましょう。

 

信用が一番に重視されるカードローン

カードローンの無担保融資=信用貸付であることをまずご理解下さい。貸付を行う側は『借り入れ枠を持てるのに値する』利用者であるという信用性を見極めて貸付を行うのであり、その代わりに担保という保証提出は求めないのです。

 

そのため、利用者自身の過去の金融利用履歴を信用情報機関に照会し、調査を行いますし、ここで得た信用情報こそが利用者の信用を見極める上での判断材料となります。信用情報の内容如何で審査結果が分かれると言っても過言ではありません。

 

信用情報だけが良くてもダメ

審査に最も重要なのは信用情報には違いありませんが、それだけで望み通りの借り入れができるほど甘くはありません。カードローンの審査においては、総合的に条件を満たしているかも問われるのです。たとえば年収や職業といった審査の基本項目ですが、これらが基準を満たさない場合であっても最高条件での借り入れは通らない可能性があります。つまり、条件の満たし方が偏っていると借り入れにおいては多少の障壁となってしまうのだと考えておいて間違いないでしょう。

 

信用は一朝一夕には勝ち取れない

信用と言われても今ひとつピンとこないかもしれませんが、借り入れの返済や商品代金の支払いが月々の収入から滞りなくできる状態ならば、自ずと得られるものなのです。ですから、まず借り入れを行うことができれば、それを期日までに必ず返すことから始めて下さい。要は当たり前の事を当たり前に、確実性をもって行うことです。借り入れ金の返済期日はとにかく厳守しましょう。

二段階に分かれているカードローンの審査

一昔前と比べて、カードローンの審査というのは、考えられないほどに進化しています。銀行の融資であれば厳正な審査がありますが、カードローン自体は無担保で借入が行えますし、即日審査・即日融資を行う業者というのも増えています。

 

カードローンの審査はなぜここまで早く行えるようになったのでしょうか。実はカードローンの審査は二段階あるということはご存知でしょうか。インターネットで審査の申し込みをすると一目瞭然で分かるのですが、仮審査と本審査の二段階に分かれています。

 

ここでは仮審査について解説していきたいと思います。カードローンの審査を行う上で最重要とされる仮審査はどういった内容なのか、そして結果はどのようになるのかをご説明していきます。

 

仮審査

仮審査は申し込みを申請すると最初に行われる審査です。カードローンの申し込みをするとまずこの審査がスタートします。審査内容としては借入可能かどうかを見極め、振り分けるという作業が行われるようです。

 

まず仮審査で審査不可の顧客をふるい落とすと、本審査において作業効率が格段に上昇するので、これが昨今のカードローン審査を効率的に行える要因であるとされています。

 

仮審査で落ちた場合

仮審査で審査に落ちた場合は、自分の現状をまず見直してください。過去に借入をしたことがあり、その借入で遅延事故を起こしていないか、個人再生や自己破産後、一定期間を待たずに審査をしていないかなどの点を見直してください。それでも原因がわからなければ信用機関への問い合わせをしてみましょう。

 

問い合わせをすることで自分の信用情報を見ることができます。仮審査で落ちるということは、そもそも、カードローンの申し込みができる状態ではないということです。職がなかったり、前述のような遅延事故を起こしたり、多重債務の末に破産をしていたり、カード会社からすると、ブラックリストに載るようなことをしている人も仮審査の段階でまず落ちます。これは門前払いと同義ですので、仮審査に落ちた段階で、自分の現状をもう一度見直す必要があるでしょう。

 

本審査

本審査へ移る段階は早く、仮審査で合格すればそのまま本審査に移行し、早ければその段階で審査が終了するケースが多々あります。つまり、仮審査がいかに大事かということです。

 

仮審査を通過した顧客ならば、本審査においてもそうそう弾き出されることもなく終了するケースが多いですが、カードローンは本審査が終了するまで借入ができるかどうかわかりませんので、仮審査を突破できたからといって安心することなく、本審査が終了するまで気を引き締めて待ちましょう。決して先走って色々な買い物を現金でしてしまい、後払いをしようなどといったことはしてはいけません。